中国 国際結婚

結婚式〜式後のサポート

婚約したらお互いの予定で挙式の日取りを決めていきます。

 

国際結婚サービス業者は結婚式のプロデュースもしてくれますので
日にちが決まればあとはお任せでも大丈夫なくらい準備をしてくれます。

 

結婚式は中国で行います。
これから日本に大事な娘を嫁に出すわけですから家族のことを思えば現地で挙げたほうが良いですね。
日本でも再度挙げる夫婦もいますがほとんどは現地で身内のみで挙げています。

 

手続きがとっても大事

 

さて、国際結婚サービス業者の腕の見せどころはこの結婚式自体ではなく、その後の手続きから来日と言われています。
国際結婚は中国と日本両サイドで婚姻の手続きが必要ですし、またお嫁さんが日本に来日できるように結婚ビザを取得しなければなりません。

 

そこで行政書士の出番となるのですが、この作業は国際結婚の案件に精通している行政書士を選ぶ必要があります。
そうでないといつまでたってもお嫁さんが来日できないということもありえます。

 

ですから最初に業者を選ぶポイントとして行政書士の存在をあげました。
安心できる国際結婚サービス業者は専任の行政書士がいるのでこの手続きを最短で行います。それでもビザが下りるまで2、3ヶ月位かかると考えられます。

 

そして晴れてあなたのもとへ来るのです。
日本の夫婦でも結婚後は色々な壁にあたります。

 

国際結婚であればなおさらのことです。

 

ですから結婚後も夫婦の相談に乗ってくれたりサポートをしてくれる業者を選びましょう。

 

中国国際結婚を成功させる秘訣は、まさに業者選びに尽きるといっても過言ではありません。